クーラントを交換をしようと思ったら…..オイル漏れが!?

2022.1.3

ラジエターの冷却水を交換しようと、某カーショップに行ったら、

「クーラントは汚れていないので、交換する必要ないですよ」

とのことでした。

もし、
交換するとしたら、上抜きは推奨してなく(車の年数が経ってるので)、
下抜きになるとのことです。

一応
クーラントの比重を測ってみてもらったら、48度(MAX50度)でした。

※)後日車が冷えている状態で、クーラントがリザーバータンクの水面が側面に書かれている下のライン以下だったので、クーラントを補充しました。

クーラントの件は、終了しましたが、店員さんと、下回りをチェックしている最中に、

「オイル漏れ?!」

を発見してしまいました。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

どうやら、「ミッションオイル」らしいです(-_-;)

ミッションオイルの雫ができてますね(-_-;)

パッキンについて親切に教えていただきました。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

後日
三菱のディーラーでも見てもらうことに。つづく….

※)2022.1.9
ミッションオイルは、ドレンプラグから漏れていることが判明しました。
このドレンプラグは、純正ではなく、2011年に社外品に交換した物でした。

ですので、
純正のドレンプラグ・パッキンを取り寄せし、交換する予定です。

●タイヤの状態●

助手席 前輪

運転席 前輪

助手席 後輪

運転席 後輪

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク